最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    8月, 2010

    所沢デリヘルトナカイ

    シュワルツに従えば、電撃的参入・退出を行う参入者の利潤Vは、現在価値で表現して側式のように示される。所沢通にはこれは参入時点をゼロとし、既存デリヘルの報復時点をTとするとき、参入時にFを投下した参コンテスタビリティ理論向入者が、既存デリヘルの反応時点Tまで利潤を確保したのち、投下資本を回収((l-s)F)して退出する行動を示すものである。(10)V=ω1π(ρ)十w2(1-s)F-Fここで、参入時の初期投下固定費、叫:T時点まで、毎期得られる粗利潤の割引現在価値総額を求めるための係数、W2:T時点で退出する際に回収される資産価値額の割引現在価値を求めるための係数で、JW1および叫はともに、退出までの期間Tと市場利子率「の関数であるが、「は一定と仮定する。既存デリヘルの反応が参入に対して即時的である場合、T=Oとなるが、このとき現在価値を求めるべき期間がゼロとなるため、w1=0。一ガ同じく回収価値額が現在価値に一致するため、w2=1となる。これとは対極的に、既存デリヘルがまったく反応しない場合はT=∞を意味する。このときTまでの期間中に得られる利潤の現在価値総額は、初項7C(ρ)/(l+「)、公比l/(l+「)の無限等比数列の和に等しし係数部分はω1=l/「となる。そしてきわめて遠い将来のT時点の回収額に適用される割引係数はゼロに近づくので、W2=0である。このように既存デリヘルの反応時点TがOから∞に変化するにつれて、ω1はOからl/「に近づき、ω2は1からOへ向かう。完全コンテスタブル市場は、既存デリヘルの反応にラグがあることおよび埋没費用ゼロを想定するので、それぞれT>O、S=Oである。T>Oよりω1とω2はいずれもOではない。所沢よりもこのときの参入者の利潤はv=ωlπ(ρ)+ω2F-Fとなり、これをゼロとするような価格ρは持続可能な競争価格である。他ガ不完全コンテスタフ*ル市場(O~玉T壬∞およびs>O)を想定して、埋没率sと反応時間Tの関係に注目してみよう。しかるに所沢 デリヘルよりはここで、独占価格んを設定したとき、vをちょうどゼロとするような埋没率♂を考え、この関係を(10)式に代入変形して次式を得る。

    カテゴリー
    お気に入り