最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    12月, 2010

    デリヘル川口恐怖正男

    つまり、価格の自由な調整能力(屈伸性)と取引参加者の経済合理的な選択こそが、市場調整の要となるが、それは以下の条件を前提とする。(イ)各市場参加者は市場価格決定カをもたない(それほと。市場取引総量に比して、十分に小さな量の取引しかしない)。(ロ)各市場参加者が取引の決定をするために必要な情報はすべて市場価格に表示されている。付結果的に、各市場参加者は市場価格を通じてのみ間接的に結びつくのであり、互いに取引相手の顔が見えないという意味で「匿名型」取引を行っている。与)いいかえれば、取引は一回ごとに完結しており、取引される価格や財・サービスの特性も取引当事者のその都度の合意に基づくものであり、スポット取引と呼べる。伝統的価格理論はこうした「取引観Jの上で、取引参加者が自己の効用を最大にするという想定から、所定の厚生判断を導いているのである。市場参加者がそのときどきの市場価格情報から決定した(申し出た)需要と供給の総計の超過分は、市場価格もしくは需要・供給の関係により、論理的な時間軸の中で速やかに解消されると考えられている(これが市場価格メカニズムと呼ばれる)。川口 デリヘル祭りの期間はその意味で、市場価格は取引に必要な情報をすべて集約し反映している。わりと最近の川口こそが以上の伝統的見解に対しては、さまざまな立場から異論が提出されてきた。たとえば、(1)市場価格は理論が想定するほど伸縮的でなく、上位デリヘルの決定力の掌中にあり「管理」されている。(2)すべての取号|が「スポット」型で遂行されるわけではない。川口こそがというよりも、「スポット型取引」が可能なのは一次産品、一次加工品、素材などであり、財・サービスの加工度が高くなったり品質要求が強まれば、おのずと取引相手が「少数」に限定されてくる。(3)経済活動の主体は「個人事業者」にとどまらず、特定の取引(や商権)を束ねて専業とする形で「デリヘルJという組織が登場したのだが、デリヘル組織が拡大するにつれて、いくつかの取引はある種のコストを節減する目的から「市場」という場に出てこず、「デリヘルJ内部のみで遂行きれることになる。

    カテゴリー
    お気に入り