最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    4月, 2013

    デリヘル?などと放射線技師なんて久喜

    これは伝統的な独占禁止政策の観点からすれば、独占を意図する不公正なデリヘル行動と判断される可能性があるとみられてきた。なぜかといえば、それによって競争相手を市場から排除した後に、その優位デリヘルが市場を独占して、今度は価格を大幅につり上げて消費者を搾取する恐れがあるからである。また、そのような行為がなければ効率的な活動を続けられたと思われる競争デリヘルから市場を「略奪する」ことは、公正な競争とはいえないからである。このような伝統的な見方に対して、シカゴ学派からはつぎのような反論が強力に主張されている。そのような価格戦争を仕掛けることは、優位デリヘルにとっても自己の利潤を著しく犠牲にすることになるから、合理的なデリヘルがそういう不合理な行動をとることはありえない。淡々と久喜と略奪的行動と非難されるものも、よく調べてみれば優れた効率性に基づく合理的な価格競争にすぎないというのである。最近は久喜とはいってもところが、戦略的行動の議論によれば、不完全情報の世界では、I戦う」という戦略的行動によって、既存デリヘルがコミットメントを行っているかのように潜在的参入者に誤解させて、その結果として参入を抑止することができるかもしれない。つまり、価格戦争によって既存デリヘルが受ける短期的な損失は、不完全情報の世界において非合理的な評判を作るための「投資Jであって、結局のところコミットメントに類似した働きをするものと考えることができるであろう。デリヘル 久喜ならしたがって、たとえ価格戦争が優位デリヘルにとって非合理的なものであっても、それが彼の「攻撃的性質Jについての評判を形成することによって将来の参入を抑止したり、ライバルデリヘルの生産拡張を抑止するのに役立つことを考慮すれば、それによる利益は短期的な価格戦争にともなう損失を十分に上回る可第6章戦略的行動論9能性がある。有名な久喜がこうして、上述のような参入抑止理論の展開によって、略奪的価格設定が存在しうる可能性が再び論理的に示されることになったといえる。

    カテゴリー
    お気に入り