最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    1月, 2014

    デリヘル練馬こそ海上自衛官

    city)と呼ばれる変数に着目する。資産特殊性とは、保有される資産の価値が特定の生産・取引活動に限り見いだされ、別の生産・取引においては著しく劣った価値しかもたない性質をいう。したがって、生産・取引関係に資産特殊性が見いだせるというのは、取引に固有の資産への投資支出がサンクコス第5章取引費用理論75トとなってしまうことでもある。資産特殊性には、①立地条件特殊性、②物的資産特殊性、③人的資産特殊性、④専用資産(dedicatedassets)および⑤ブランド名資本などがある(ウィリアムソン[1989J参照)。このうち①は連続的生産工程・処理段階や近接関係にある特定目的のプラントや倉庫など、在庫や輸送の費用を節減するために立地・統合したとき生じる(地理的に分散した工場を集約して一貫生産工場とするケースも含む)。②は取引に固有の部品を生産するために必要ときれる専用の金型(dies)・設備や治工具等への投資を行うとき生じる。③はある生産・取引に固有の職務訓練や経験学習(leamingbydoing)などにより生じる。④は①~③などの資産のうち用途が限定されたものであり、⑤はブランドが通用しないか「評判」効果がなくなれば、製品差別化のための資本支出もサンクコストとなることに着目している。いずれにしても高い資産特殊性を有する資本や資産なとずへのサンク投資を行った場合、取引相手や事業活動内容の変更費用は禁止的に高くなるだろう。練馬街にはこの点で、取引特殊資産への耐久的投資に基づき、現行の供給関係が一定の経済価値を生んでいるとみなすことができる。クラインらは、ある特定用途に向けられた当該資産の価値と、別の次善用途に向けられた当該資産の価値との差を「専有可能な特殊準レント」と呼ぶ(Klein、etal。[1978Jp。練馬と298)。そしてこの種の取引特殊資産が投資支出の回収価値か移転価値以上の「準レント」をもたらし、これがまた取引関係の継続化の要因になると説明している。言わずと知れた練馬 デリヘルのつまり、取引特殊投資が取引当事者によりなされた場合、取引関係に固有の資産への投資が必要なほど(資産特殊性が高いほど)投資支出者の他への投資機会費用は高くなる。

    カテゴリー
    お気に入り