最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    4月, 2014

    風俗名産の占い師新所沢

    、pp。230-241。1(3)Ibid。、pp。新所沢につき137-139なお、ハイエクはカルテル規制の必要性を認めているようにも思われるが、{症の場合。僭越ながら新所沢祭りの期間は有益な協定が存在することも考慮して、裁量的な政府介入によるのではなしカルテ/レによって損害を受けた者に損害賠償請求権を与えることによって対処すべきだと主張する。風俗 新所沢好きにとってHayek、Law、LegislationandLibe「ty、Vo。l3、pp。85守88(邦訳書。122-126ページ1。第3章新オーストリア学派する。一見したところ、この指摘は、至極当然にして平凡にみえるかもしれない。新所沢とはいってもけれども、彼らの見解は、(1)静態的な新古典派の均衡分析の「非現実性」を批判し、(2)自らは、i知識の不完全性」を前提しながら、現実の市場経済の基本的性格を鋭く指摘した点、きわめて独創的で、あり、それ自身、十分評価きれてしかるべきである。なお、これに関連して忘れてならないのは、その市場経済論を基礎におく社会主義的計画経済批判であろう。ここで、ハイエクに代表される主張を詳説する余裕はないが、近年にみられる社会主義諸国の行き詰まりを予見するなど、その内容は、今日すこぶる重要な意義をもっといえよう。このように、新オーストリア学派が、市場経済の特質を根本的に認識するうえで有意義な貢献をしたことは疑いえない。とはいえ、この経済体制の下での競争政策という視点からすれば、少なからぬ問題があることもまた事実である。すでにみたように、彼らは、市場の調整力にことのほか強い信頼を寄せ、ここから、政府規制を廃して「デリヘルの自由」を確保すれば、(市場構造や競争政策のいかんにかかわらず)常に活発な競争が展開され、消費者の利益が保証されると考える。

    カテゴリー
    お気に入り